キッチンのタイプ別メリットと、デメリットとは?

オープンキッチンのメリットとデメリット

近年キッチンは、家の間取りを決める際に最も優先順位が高くなる設備となっってきています。キッチンのスタイルは、大きく分けるとオープンとセミオープンとクローズドに分ける事が出来ます。好みは人によって異なってくるのですが、最も人気のあるのがオープンなキッチンです。そのためキッチンのショールームは、オープンキッチンが多く見られるのです。
オープンキッチンのメリットには、開放的になるためリビングとダイニングとのコミュニケーションが取りやすく、みんなで一緒に料理や配膳や後片付けがしやすいといった事が挙げられます。また、見た目も迫力があってかっこいいイメージになります。
デメリットには、リビングやダイニングからキッチンが全て見えてしまう事や、キッチンで料理をした臭いや煙や音がリビングやダイニングに流れて行きやすい事や、収納のスペースがなかなか取りにくいといった事が挙げられます。

セミオープンキッチンとクローズドキッチン

セミオープンキッチンのメリットには、リビングとダイニングとのコミュニケーションが取りやすい事や、リビングやダイニングからキッチンが丸見えになる事がないなどが挙げられます。反対にデメリットには、リビングやダイニングからキッチンの中が少し見えてしまう事や、キッチンで料理をした際に臭いや煙や音がリビングやダイニングに流れてきやすい事が挙げられます。
クローズドキチンのメリットには、リビングとダイニングがしっかりと区切られているのでキッチンの中がほぼ見えにくい状態になる事や、料理をした際の臭いや煙や音などがリビングやダイニングに流れていきにくい事や収納のスペースが取りやすいといった事が挙げられます。デメリットにはリビングとダイニングが区切られている事で、コミュニケーションが取りにくい事や、配膳するまでの距離が長くなる事が挙げられます。

住宅やオフィスなどの部屋の配置の事を言います。一般的には平面で図になっている間取り図の事を指すのがほとんどです。