キッチンにはどんな種類があるの?

キッチンの種類について知っておこう

住宅をこれから建てる人や住んでいる家をリフォームしたい人にとって悩みの一つになるのがどのキッチンを選ぶかということです。キッチンは時代とともに形を変えており、様々な種類があるのです。では、キッチンにはどのような種類があるでしょうか。
まず、一般的なキッチンとしてはI型キッチンがあります。I型キッチンはシンプルで昔からある形です。次にL型キッチンがあります。名前のL型でわかるとおり、キッチンが2つに直角分かれていて上から見るとL型をしています。3つ目は対面式キッチンです。これはリビングに向いて料理を作ることができます。4つめはアイランド型キッチンになります。
このようにキッチン一つとっても様々な種類がありますが、それぞれのメリットはどうでしょうか。

それぞれのメリットは?

では、これらのキッチンのメリットはどのような点でしょうか。
まず、I型キッチンは狭いスペースでも割と使いやすいと言うメリットがあります。対面型やL字型であればある程度スペースを必要としますが、I型は壁にくっついていますので無駄なスペースをとらないのです。
L型キッチンのメリットは、家事動線を無駄なく作ることができます。キッチン間の移動もとても楽チンです。
対面式キッチンは、リビングの方を向いて料理をしますので、テレビを見ることができることや、子供が小さい場合はリビングで遊んでいる姿を見ることができるのです。
最後にアイランド型ですが、見た目がおしゃれなでありながらとてもシンプルでスマートな形をしている点です。

SE工法は自然災害への対策を考えられた工法で、集合材の使用により素材の劣化が少なく長持ちします。更に、室内空間を広くすることができます。